HOME > NEWS > メディデータ・パートナー・プログラムに参加しアジア太平洋地域における臨床試験サービスを拡大

NEWS

メディデータ・パートナー・プログラムに参加しアジア太平洋地域における臨床試験サービスを拡大

サービス
2012/12/19

このたび、弊社はメディデータ・ソリューションズ(NASDAQ:MDSO)のパートナープログラムに参加する運びとなりました。

従来より、弊社では自社開発によるEDCシステムソリューションを中心に、システム構築から運用まで一貫したサービスを提供しておりますが、当該プログラムへの参加により、個々のプロジェクト特性に合わせた、よりきめ細かいサービス提供が可能となります。

弊社は『ACTION for ACTS (Asian Clinical Trials and Solutions) 』という事業ビジョンのもと、医薬品のライフサイクルマネジメントに対しユニークかつ高品質なソリューションを提供していきます。アスクレップは「アジア地域における医薬品情報サービスのHUBとなる」べく、同地域において経験豊富なMDSO社とのパートナーシップ締結によりこの機能を強化してまいります。

メディデータ社プレスリリース

メディデータ・ソリューションズ・ワールドワイドについて

メディデータ・ソリューションズは、顧客の臨床試験効率を高めるクラウドベースの臨床開発ソリューションを扱うリーディング・グローバル・プロバイダです。メディデータの高度なプラットフォームは、臨床試験のconcept to conclusion(企画から結論まで)、すなわち、臨床試験およびプロトコールデザインから、臨床試験の計画と予算管理、治験実施施設との交渉、臨床管理ポータル、臨床試験管理、無作為化&治験薬供給管理、臨床試験データの収集・管理、安全性データ収集、医療コーディング、臨床事業分析に至るまでのプロセスをトータルに最適化することで、臨床開発の総コストを削減します。ライフサイエンスにおけるメディデータの広範な顧客基盤は、バイオ製薬、医療機器・診断、学術・政府機関、CRO、その他の研究機関にわたり、トップ 25 までに位置するグローバル製薬企業 20 社以上に加え、生命を向上する治療・診断方法の開発に携わるあらゆる規模の組織を含みます。

株式会社アスクレップ

株式会社アスクレップ(本社:東京都豊島区、設立年月日:1992年7月20日、代表取締役社長:市川宏司)は、国内CROとして、モニタリング業務、データマネジメント業務、統計解析業務、教育研修事業等を行っています。また、インテージグループ(http://www.intage.co.jp/)の一員として、メディカルリサーチ機能、システムソリューション機能を有効に活用し、医薬品開発業務におけるフルサポートサービスを提供しています。

お問い合わせ先

株式会社アスクレップ 経営企画部/松浦(まつうら)
TEL.03-5979-1001 FAX.03-3590-7111