NEWS

「第45回難病患者・障害者と家族の全道集会 中空知大会」に協賛、及びボランティアとして参加しました。

イベント
2018/09/03

患者会支援サービスを提供する株式会社アスクレップは、一般財団法人北海道難病連が主催する『第45回難病患者・障害者と家族の全道集会 中空知大会』に協賛、及びボランティアとして参加しました。

全道から集まった延べ800人の難病患者・障害者と家族が、「結束の力で結ばれた輪」を体感する会となりました。
今後も株式会社アスクレップは、患者とその家族を支援して参ります。

北海道難病連

1972年(昭和47年)、全国筋無力症友の会北海道支部などの4団体のよびかけによって準備がすすめられ、1973年(昭和48年)2月、10団体(1,100家族)によって北海道難病団体連絡協議会として結成し、1982年(昭和57年)12月に財団法人北海道難病連、2014年(平成26年)4月に 一般財団法人北海道難病連へと移行しました。

現在は32疾病団体、20地域団体(支部)で8,000家族の団体となっています。
全国組織としては、一般社団法人日本難病・疾病団体協議会(88団体・26万人)に加盟しています。

アスクレップ

アスクレップは医薬品開発・製造販売後調査・安全性業務支援をコアビジネスとした医薬情報事業を展開しています。その先にいる患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献することをコアバリューとし、知的集約型のMedical Intelligence Provider(情報価値創造企業)として、医療に関わる情報・データの価値を高め、付加価値の高いソリューションの提供を目指しています。