NEWS

京都コンステラ・テクノロジーズの吸収合併に関するお知らせ

お知らせ
2019/02/04

株式会社アスクレップは取締役会にて、連結子会社である株式会社京都コンステラ・テクノロジーズ(以下、京都コンステラ)と吸収合併契約締結を決議しました。

1. 合併の目的

意思決定の迅速化、両社の得意分野を活かした事業推進の強化を目的として、吸収合併します。今後は、人材やデータを含めた経営資源の活用をいっそう推進し、医薬品情報事業と創薬支援事業を軸に、両社の「Intelligence」を融合。医薬品開発のさらなる発展に貢献していきます。

2. 合併の概要

効力発行日 2019年3月31日
合併の方式 アスクレップを存続会社、京都コンステラを消滅会社とする吸収合併

3. 京都コンステラの事業について

合併後はアスクレップへ権利義務の一切を承継します。なお、アスクレップは、同じくインテージグループの一社である株式会社アンテリオと4月1日に統合し、株式会社インテージヘルスケアとなります。そのため、京都コンステラの事業は同日以降、インテージヘルスケアの新体制の下、引き続きサービスを提供します。

アスクレップ

アスクレップは医薬品開発・製造販売後調査・安全性業務支援をコアビジネスとした医薬情報事業を展開しています。その先にいる患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献することをコアバリューとし、知的集約型のMedical Intelligence Provider(情報価値創造企業)として、医療に関わる情報・データの価値を高め、付加価値の高いソリューションの提供を目指しています。

京都コンステラ・テクノロジーズ

京都コンステラ・テクノロジーズは、京都大学発ベンチャーとして2008年3月に設立いたしました。京都大学大学院医学研究科・奥野恭史教授の研究技術をコアとし、製薬企業・研究所の創薬研究支援事業、医薬品の副作用情報などのデータベース検索システムの開発など、最先端の計算科学技術を用いて独自のサービス・製品を提供しています。